INTERVIEW働く人を知る

信頼に応えられる個を目指して。

生産職
2017年入社
  • # 中途入社
  • # 製造ライン業務
  • # 高い技術力
  • # チームワーク

NTTアドバンステクノロジー社より粉体焼付の技術移転を受け、大野工場にて電話柱への飽和ポリエステル粉体塗装を行っています。1日に約100~200本の製品を仕上げる製造ラインの中で、電話柱ライン搬入・塗装・検品・梱包・出荷の一連のライン業務に加え、効率的に製造が進められるよう工場内外と連携し段取りも行います。

私が真剣な眼差しで挑む理由。

生産現場はチームワークがとても重要です。誰か一人でも手を抜いてしまえば、命に関わる事故につながったり、製品の品質を落とす原因になります。そのため生産現場で働く一人ひとりが、プロフェッショナルの自覚を持ち、常に真剣に業務に取り組む必要があります。自分の技術力や経験値が、製品のクオリティやお客様の満足度に直結するので、求められている期待の更なる上を目指して常に挑戦する気持ちを絶やさないことを大切にしています。規模が大きい分、責任も大きな仕事ですが、真剣に取り組み、より効率的に高品質な製品を出荷できたときの達成感は大きなやりがいになります。

私がいつも笑顔でいられる理由。

旭コンステックは、働き方や健康面など、会社が社員のことをよく考えてくれるので、心も身体も健康に過ごせていることが笑顔で働ける理由の一つだと思います。また、努力や成果をしっかり評価してもらえる評価制度が整っているのでモチベーション高く業務に取り組むことが出来ます。前向きに仕事ができるからこそ、仕事の質も上がり、上司や後輩に頼りにされる機会も増えてきました。そんな自分の成長に誇りを持てる点も笑顔に繋がっていると感じます。業務を通してお客様からの信頼をさらに大きくし、より現場にとって必要不可欠な「個」を目指して、会社と成長していけるこれからにワクワクしています。

Q 旭コンステックに入社した
きっかけを教えてください。
A
前職は夜勤が多く、休みも少なかったため、自分や家族のライフスタイルに適さない職場環境でした。将来のためにも働く環境を変えたかったので、休暇制度が充実し、労務管理が整っている旭コンステックに入社しました。
家族との時間や、趣味にかけられる時間も増え、その心の充実度がいい仕事に繋がっていると感じます。
Q 後輩との接し方、指導の際に
意識していることはありますか?
A
一つのミスが重大な事故に繋がる仕事のため、後輩の安全と成長のために厳しく指導することはもちろんあります。でも、分からないことを臆せず聞ける環境づくりも大事だと思うので、話しかけやすいように笑顔でフランクな接し方を意識しています。

OTHER
INTERVIEW
他の働く人

生産職の仕事PRODUCTION

募集要項 エントリー
COMPANY会社を知る
JOB INFO仕事を知る
INTERVIEW働く人を知る